NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

廃車しない処分の仕方

車の処分方法の一つして、廃車があることをお話してきました。
公的機関への登録取り消し手続きとも言えるようです。
所定の手数料などを支払うようになり、永久と一時があるため、どちらかを選択するようになります。
しかし、車の処分方法には、廃車ばかりではありません。
そのほかにもあるため、選択肢の中に含めることができるでしょう。
まず、一つ目は、買取になります。
これは、もっとも知られている車の処分方法かもしれません。
該当の車を業者に買い取ってもらうことです。
中古車査定制度に基づき、査定士が査定をすることになります。
できれば、高価買取を望んでいる人が多いようです。
次に、下取りがあります。
これは、ディーラーが行うもので、代理店に持ち込むようになります。
現在所有している車と同じメーカーである必要があります。
以上が、廃車以外車の処分方法であり、どちらも車種に関係なく、行うことができます。
しかし、買取であれば、おおむね可能であっても、下取りであれば、引き取ってくれないケースもあります。
今では、事故車や不良車も買取をしてくれる時代ですが、下取りでは絶対不可能と言えるでしょう。
また、買取の場合、現金を手にできますが、下取りの場合は、次の車の代金に利用されます。
このため、下取りのために、次の車などを選んでおくことが重要です。
こうなると、買取の方がメリットが高いようですが、好きなメーカーがあれば、同じ車種でありながらも、モデルチェンジなどをした車を乗り続けることができます。
車に対する思いは、人それぞれでしょうが、好きなメーカーを現金を使わずに乗り続けることができるのは、煩雑な手続きがなく、メリットが大きいと考えるかもしれません。
結局は、個人のスタンスによって、メリットの有無も変わってくるのでしょう。
こうしてみると、廃車とは、大きな違いがあります。
買取でも下取りでも、手続きをすれば、何らかの見返りを期待できます。
より自由に次のことを考えたいのであれば、買取が最適でしょう。
しかし、廃車であれば、処分だけであり、そういう現金を手にしたり、あるいは、好きなメーカーの車を購入するなどはできません。
コスト負担ばかりとなるため、その点については、十分注意が必要でしょう。
いずれにせよ、繰り返すようですが、最終的には、個人の判断によって、変わってきます。
廃車がふさわしいと思えば、このサイトでも述べたようなことを十分踏まえながら、然るべき手続きを進めるべきでしょう。