NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

自動車保険との関係

車を購入したのであれば、自動車保険から逃れることはできないでしょう。
車種などに関係なく、強制の自賠責保険へは、必ず加入することになります。
もちろん、自由意思とはいえ、任意の自動車保険に加入することも、重要なこととなっています。
しかし、問題になるのは、自動車保険と廃車との関係です。
まず、廃車手続きに関しては、保険があっても、まったく問題ありません。
永久でも一時抹消でも、スムーズに手続きを進めることができます。
けれども、問題になるのは、支払った保険料などになるでしょう。
まず、自賠責保険に関しては、車に対するものであり、なおかつ、年単位で支払っているため、納めた保険料が戻ってくるようになります。
抹消手続きをした日から保障期間終了日までの分が、返戻されます。
計算方法としては、納めた保険料を年単位で割るようになります。
しかし、年単位であっても、一年以上の場合もあります。
それについては、日数を合わせて行うようになります。
ただし、自賠責保険の保障期間終了月などであれば、返戻されない可能性があります。
この点については、保険会社などに問い合わせることが、大事です。
また、任意保険に関しても、同様な措置が取れるようです。
各保険に関する手続きを保険会社に確認することが、大切です。
しかし、任意保険の場合、新しい車を購入した時には、引き継ぐことができます。
買取などで行われていることであり、これは、車に対するというより、人に対する保険でもあるからでしょう。
しかし、車種によっては、保険料が変わるようになります。
保険会社独自のグレード制があり、それに基づいて、保険料が設定されているからです。
もちろん、高くなるばかりではありません。
けれども、廃車をして、新しい車を購入する人は、あまり一般的ではないでしょう。
そうは言っても、知っておくことは、決して無駄にはならないかと思います。
いずれにせよ、自動車保険は、廃車手続きをしても、納めた保険料が返戻されるようになります。
無駄にならないためにも、大変重要なことでしょう。
なお、一時抹消の場合、車を保管しておくことになります。
その際、保険についても、一旦停止できるか否かも、相談してみるべきでしょう。
もっとも、停止というよりも、しばらく車を走行させないため、一旦解約となる可能性があります。
もちろん、保険料の返戻があるかと思いますが、その点もきちんと確認すべきです。
また、自賠責保険に加入していなければ、車を走行させることができません。
一時抹消であれば、再度、自賠責保険に加入することになるでしょう。

関連記事・情報