NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

ローンがあったらどうするか

車を購入する方法で、もっとも一般的であるのが、ローンを利用した方法でしょう。
販売店が提携している自動車ローンでも、あるいは、そうでなくても、どちらでも利用できます。
車種などにも関係なく利用できるため、自分に適切なものを自由に選ぶことができます。
しかし、廃車をする場合、ローンが残っているケースもあります。
その場合、一体、どうなるのでしょうか?
まず、廃車手続き自体には、ローンの有無は関係ありません。
ローンがあってもなくても、廃車をすることができます。
当然、永久でも一時抹消でも、どちらでも可能です。
基本的に、ローンは、別個の契約となり、物の移動と金銭の支払いが別であるということでしょう。
しかし、一時抹消であれば、たとえローンが残っていても、該当の車を保管するため、無駄と感じない可能性があります。
けれども、永久抹消であれば、完全廃車となるため、ローンが残っていれば、該当の物がないのに、支払いだけが続きます。
実に無駄なことになる可能性があります。
もっとも、自分で納得がいくのであれば、完全廃車した後も、支払いを続けることも、問題はありません。
しかし、一般的には、無駄なコストと感じることでしょう。
ならば、どうすべきかと言えば、各金融機関で、スタンスが異なるようです。
あるところでは、ローン契約を終了してくれますが、別なところでは、無理であるようです。
これは、先で触れているように、ローンは、基本的に独立した契約です。
このため、ローンには、ローンに関した交渉などが必要なのでしょう。
一番適切であるのは、車の処分をするまでに、ローンの支払いをしておくことです。
あるいは、ローン残金が簡単に済むまで、処分を待つという方法があります。
いずれにせよ、ローンは、車の処分とは別となります。
これは、法律上の規定のようでもあり、むしろ、別であるからこそ、ローン契約が可能と言えるのでしょう。
ちなみに、自動車ローンでは、基本的に保証人が必要ではありませんが、保証人が求められるものもまた、別個の債務とされます。
つまり、主要なローンの契約者を担保するために、保証人制度があります。
それは、保証債務として、独立されているため、保証人の支払いも、状況によって、独立した形で、残るようになります。
これは、ローンと物の関係にも似ているため、債務整理などでは、十分注意すべきことのようです。
とにかく、ローンがあっても、廃車手続きが可能ですが、ローンの残金に関しては、金融機関でスタンスが異なるようになっています。

関連記事・情報

  • 自動車保険の更新が近づいてる方に必見のサイトです。