NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

提出書類をチェック

車の購入でも買取でも、提出すべき書類があります。
公的書類でもあり、役所などから取得するようになります。
購入や買取依頼までに入手しておくことが重要です。
これと同じように、車の廃車でも、提出すべき書類があります。
これは、車種に関係なく必要なものとなっています。
まず、車検証が必要です。
車を持っているのであれば、定期的に点検を受けるようになります。
通常、販売店などに依頼するようになり、専門工場などで車検を受けるようになります。
相当なお金が掛かりますが、法律で求められていることであり、車の所有者あれば、必ず行うようになっています。
法律の求めでもあるので、廃車時でも、提出できるようになっています。
したがって、それがないということであれば、廃車手続き時代不可能になるかもしれません。
仮に紛失しているのであれば、再発行し、入手しておくべきでしょう。
また、印鑑証明書も必要です。
これは、役所に登録している公的な証明書であり、身分証明に近いものでしょう。
登録できる印鑑のサイズが決まっていますが、不動産購入時などでも利用できます。
仮に廃車しようとしている時に未登録であれば、役所で手続きを行っておくことが必要です。
登録したその日に、証明書を手にすることができます。
ただし、役所によって、印鑑のサイズが異なる可能性があるため、その点については、確認が必要でしょう。
また、住民票も廃車時に必要です。
これは、公的機関が認めたその人の住所地であり、どこの誰であるのかを記しています。
これも、役所で入手でき、出張所などでも問題ありません。
したがって、会社帰りなどでも簡単に取得できるため、ちょっとした時間を利用し、申請しておくべきでしょう。
さらに、身分証明書も、必要になります。
廃車をするのであれば、運転免許証を所有していることと思います。
当然、身分証明書として利用できますが、通常は、住民基本台帳カードなどでも問題ありません。
なお、廃車ということは、自分で申請を行うようになります。
したがって、提出書類も、自分で入手しておく必要があります。
たとえば、車の買取であれば、買取業者に代行を頼むことができます。
しかし、廃車では、そういう業者を介していないため、すべて自分で行うようになります。
そのため、しっかりしたスケジュールを立てておくことも、大事なことでしょう。
できるだけ、余裕を持った計画が、大事になることは、言うまでもないかもしれません。