NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

廃車には2つのタイプ

人には、色々な見方があるでしょう。
考え方は多様であり、そうであるからこそ、個人主義が大切でもあります。
今では、当たり前のことも、時代が変われば、異なっていたことも確かなことのようです。
そのため、いろんな車種が生産され、それぞれに所有者がいることも、事実でしょう。
また、車を処分することもまた、所有者の自由です。
これは、法律上でも認められることで、所有者は、所有権を有し、車であれば、物権となります。
変更などが自由に行え、もちろん、処分も可能です。
このため、買取なども、所有者の意思によって、任意で可能となっています。
また、車に乗らないということであれば、完全に処分することもまた、認められていることです。
それが廃車となります。
廃車は、公的機関へ申請することになり、手数料などを支払うようになります。
また、廃車には、二つの種類があります。
一つは、永久抹消です。
もう一つが、一時抹消です。
まず、永久抹消とは、完全廃車と言えるものです。
スクラップという言葉がありますが、それに該当するものです。
また、一時抹消は、一定期間だけ車を走行させない措置です。
ナンバープレートを預けるなどの措置をし、長期間を前提としています。
しかし、車を完全に廃棄する訳ではないので、申請した車を保管する必要があります。
以上が廃車の種類となっていますが、どちらを選ぶかは、個人の状況によることは言うまでもないでしょう。
たとえば、永久抹消であれば、完全に該当の車に乗らないことが決まっている場合に最適なものです。
中には、免許まで辞めてしまう人もいるかもしれません。
しかし、リサイクルとの関係があるため、そのための手数料が必要なケースもあるようです。
また、一時抹消は、海外で長期暮らす人が申請しているケースがあるようです。
日本で走らせないようにする措置であるため、当然のことでもありますが、問題になるのは、車の保管場所でしょう。
自宅ガレージがあれば問題ないですが、そうでない場合は、保管場所の確保が大事になります。
いずれにせよ、廃車については、諸費用が掛かるため、そのお金を用意しておくことが重要です。
税制上、贅沢品の一種であり、当たり前の交通手段でも、それなりの処分方法をすることが大事になるようです。
買うのは自由、廃棄も自由ですが、それなりの手続きをしなければ、抹消もできないということでしょう。
当然のような乗り物であっても、時に凶器と化すのが、車でもあります。
たとえ廃車であっても、それを踏まえた手続きのようにも思います。