NAVI
きちんと処分〜廃車ガイド

生産と再利用と廃車

何を基準に車社会というかという指摘もあるでしょう。
車の生産量になるのか、あるいは、一般家庭への普及度になるのか、種々の見方があるかと思います。
けれども、現代の日本では、すでに車がお馴染みのものであり、多くの人が所有していることは、確かなことのようい思います。
そうであるからこそ、日本は、すでに車社会なのでしょう。
それを象徴するかのように、日々新しい車が生産されています。
メーカーは定期的に新しい車種などを販売し、世界が注目するようなものもあります。
今であれば、環境に配慮した車であり、日本車も世界的な注目を浴びています。
しかも、売り上げも高く、世界中の人が乗車しています。
また、そういう新車が今度は、中古車市場で販売されるようになります。
日本の中古車市場は、国内では飽和状態とも言われています。
このため、海外に販路を伸ばし、再利用した車とも言える中古車市場も、世界的なものとなり、かなり巨大化しているようです。
このため、事故車や不良車も、進歩した技術を元に修理をし、世界で再販売されているようです。
こうであるからこそ、世界中で日本車を目にすることもあるのでしょう。
当然、日本から買取依頼をした車が、世界のどこかで運転されていることもまた、事実であるようです。
しかし、そういう新車でも中古車でも、次々出回るようであれば、廃車もまた、増えていくことでしょう。
すでにお話したように、廃車には、永久と一時があります。
とりわけ、永久であれば、環境に配慮することが、より求められています。
車自体も、環境に配慮すべきであるようですが、その処分もまた、環境を考えたものであるべきのようです。
しかし、リサイクルというからには、そういう廃棄した車もまた、別な用途に利用されるようです。
結局、車を見ても、循環型となっているようです。
確かに、環境を気にし始めてから、循環型ができあがったようにも思います。
けれども、人の営み自体、循環型であることは確かなのでしょう。
それをより活かすか否かで、循環型の生き方が循環型社会になるのでは、とも思っています。
いずれにせよ、日々色んな車種が市場で取引されています。
それが様々な人の手に渡り、それぞれの処分がなされています。
処分方法には、廃車はもちろん、買取や下取りがあり、どれかを選択するようになります。
けれども、いずれは、機械であるため、車も動かなくなります。
結局は、廃車となってしまうため、そういうことを念頭にしながら、車を所有することもまた、大事なようにも思います。